妊活中から葉酸を取り入れる

葉酸は、ビタミンB群に分類される水溶性のビタミンのことで細胞を作り体を成長させるために必要な成分の一つとなっています。特に、遺伝に関するデータを扱う核酸の働きをサポートしているので赤ちゃんの成長にも欠かせない成分の一つとして妊婦が摂取するべき栄養でもあります。
葉酸は、食材で言うとほうれん草が一般的に知られていますがその他にもレバーやうに、モロヘイヤなどにも多く含まれています。
そのため、食事から葉酸を摂取することも出来ますが葉酸は熱に弱く水分に溶けやすい性質があるため調理する過程で成分が失われやすくなります。
炒めたり、茹でたりと熱を加えることで壊れやすく実際に含まれている量よりも吸収できる量はずっと少ないと言われています。
毎日調理をせず生のまま食材を食べ続けることは難しいため、サプリメントで摂取する人が多いです。
葉酸は、妊娠してから赤ちゃんが健康に育つようにするために意識して摂取し始める人が多いですが実際は妊活の段階で赤ちゃんが出来る前から葉酸を摂取しておくと良いと言われています。
葉酸を十分に摂取しておくことで、赤ちゃんがより育ちやすい環境になるからです。万が一葉酸が不足してしまった場合は、赤ちゃんに先天性の異常が起きることも確認されていますが妊娠中よりも前の妊活中の段階で葉酸を摂ると先天性の異常が起きるリスクも大幅に少なくすることが出来るでしょう。
最も多いのが、神経管が閉鎖される障害が起きることで脳がしっかり形成されずに流産につながることもあります。
葉酸サプリ
食品からだけ摂取するのではなく、サプリメントも合わせて摂取するようにすれば十分な栄養をつけて健康な赤ちゃんを育てることが出来るでしょう。